見る・学ぶ

・芦野公園

・斜陽館

・十三湊遺跡

・景観を楽しむ

・歴史民俗を学ぶ

・史跡を訪ねる

太宰治の生家、斜陽館

ホーム > 見る・学ぶ > 斜陽館

・太宰治記念館「斜陽館」

「この父はひどく大きな家を建てた。風情も何もないただ大きいのである」(苦悩の年鑑)

洋室金木出身である作家、太宰治の生家で、明治の大地主、津島源右衛門が建築した入母屋作りの建物で明治40年6月に落成しました。

米倉にいたるまでヒバ材を使用し、1階11室、2階8室、付属建物や泉水を配した庭園など、合わせて680坪の豪邸となっています。戦後、斜陽館となり、全国から多くの太宰ファンが訪れています。

和室現在、市立記念館となり、蔵の一つが展示室になっています。写真や原稿をはじめ、マントや帽子などの太宰が愛用した品々が展示されています。

関連リンク:五所川原市公式ホームページ

  • 開館時間:5月〜10月 8:30〜18:00(最終入館は17:30)11月〜 4月 9:00〜17:00(最終入館は16:30)
  • 休館日:12月29日
  • 入館料:あり
  • 交通:津軽鉄道金木駅下車・徒歩7分
  • 所在地:〒037-0202 青森県五所川原市金木町朝日山412-1
  • お問い合わせ先:tel. 0173-53-2020 / fax. 0173-53-2055

▲ページのトップへ

無断使用・無断転載禁止。
一般社団法人 五所川原市観光協会:Tel. 0173-38-1515/Fax. 0173-26-6626
〒037-0063 青森県五所川原市字大町38番地